リッチテキストコンポーネント

「在宅ワークに向いてる人」と「在宅ワークに向いてない人」

こんにちは!

JAMSTOREの公式ブログ担当ブリードくまさんと、

一緒にブログを書かせていただくことになりました里山芽衣子と申します。

年齢はそこそこですが(笑)、ライターとしてはまだまだ新人、ペーペーでございます。

文章など読み苦しい点などもあるかも知れませんが、何卒ご容赦のほどをお願いします。

 

リモートワークについての補足

リモートワークについては、ブリードくまさんがこちらで書いてくれていますが。

私も少し補足を。

「在宅で仕事をしたい!」「空いている時間を有効活用したい!」と思っていらっしゃる方は本当に多いと思います。

とくに子育て中のママさんは、なかなか外へ働きにいけないですよね。

また一旦現場を離れてしまうと、次に働くまでにブランクが生じ、なかなか仕事復帰が難しいこともあります。

 

しかし、「リモートワーク」であれは、PCとネット環境さえあれば、いつでもどこでも作業が可能ですし、仕事を受けることで、スキルアップにも役立ちます!

もちろん、メリットだけではなく、デメリットもあることは前回お伝えしていますが、本当に働きたい人にとって、「リモートワーク」はひとつのスタイルとしてとても有効なのではないでしょうか?

 

 

「在宅ワークに向いてる人」と「在宅ワークに向いてない人」

私もJAMSTOREで働かせていただくにあたって、週に2回は自宅で作業をしています。

また進行管理として、在宅で働いて下さる方のお手伝いもさせていただいています。

今までは、「会社に行って仕事をする」のが当たり前の環境だったので、戸惑う点も多かったですが、実際に自分やまわりの方の働き方をみて。

「在宅ワークに向いてる人」と「在宅ワークに向いてない人」

がいるなぁと感じました。

では、いったいどんな人が向いているのでしょうか?自分なりにまとめてみました!

 

 

■責任感のある人

これが本当に大事だなぁと思ったのですが、仕事を一旦受けた以上、責任を持って最後までやり通すことが必要だと思います。「自宅で作業=管理する人の目がない」分、責任をもって自分の仕事に取り組めるかが、在宅ワーカーとしての資質だと言えるでしょう。

 

 

■時間管理が出来る人・納期を守れる人

当たり前ですが、ダラダラと仕事をしていると納期に間に合いません。

家で仕事をしていると、どうしても色々と邪魔が入ることが多いのは事実です。

ですが、「○時~○時まではこの作業を終わらせる!」など、自分でしっかりスケジュール管理ができない人だと、在宅でのお仕事は厳しいかもしれません。

 

 

 

■報告・連絡・相談ができる人

いわゆるホウレンソウです。「共有する」という言い方のほうが正しいかも知れません。

自分が仕事を受けたのなら、頼んだ人がいるはずです。

仕事を頼んだ人は、自宅で作業しているあなたの状況はみえません。

今忙しいのか、頼まれた仕事はいつ頃終わりそうなのか、今の状況をしっかりと共有することが大事です。また、わからないことがあればすぐに確認することも必要でしょう。

「言った、言ってない」、「聞いた、聞いてない」は、リモートワークで発生しやすいトラブルかも知れません。

メールやチャットワークなどのツールを使って連絡することも多いリモートワークですが、文章の読み取り方ひとつで、相手に誤解して伝わってしまうこともあるため、お互いに細目な意思伝達を心掛けましょう。できれば、速レスが基本です。

 

 

 

■「ありがとうございます」とお礼がいえる人

これは、お互いが気持ちよく働くうえでの礼儀ですよね。

もちろん、リモートワークでなくても大事ですが。

顔を合わせない分、文章のみの連絡だとそっけなくなってしまうことがあります。

一言、「ありがとうございます」と添えるだけでも、お互いに気持ちよく、働けるのではないでしょうか。

 

 

JAMSTOREでは、「Re:motto(リモット)」チームのメンバーを募集しております。

少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問合せくださいね。

 

里山芽衣子

里山芽衣子

●ライター 事務職を転々と、トータルで10年以上。印刷、広告、モバイルコンテンツなど業種は多々。 趣味は映画、読書、ゲームとインドア一直線。美味しいごはんとお酒があれば幸せ。 前からやりたかったライターの仕事が出来て毎日が新鮮! まだまだペーペーなので色々と勉強中。 Twitter:https://twitter.com/jamsatomei(@jamsatomei)

この内容で送信します。よろしいですか?