no-image

【JAM Staff Interview】Vol.4|松本裕美|President/Creative Director/Copy Writer

JAMSTOREのメンバーによるメンバー紹介がついに第4回目となりました。

今回は弊社大嶋(ディレクター)が弊社松本(代表取締役社長)をご紹介します。
是非ご覧くださいませ。

 

松本裕美に訊く


JAMSTOREが今年で6期目を迎えた。今でこそ、JAMSTOREの代表として日々、忙しくしているが、その起業人生は決して順風満帆だったわけではないはず。
青空に拳を突き上げた朝も、枕を涙で濡らした夜もあったに違いない。
そういう熱い“苦労話し”が聞けるかと思って挑んだインタビュー…だったが…。

 

んと……流れです(笑)流れに身を任せて、今ここ。みたいな。すみませんねぇ、なんか(笑)
別に「コピーライターになりたい!」っていってなったわけじゃないですし。
これも流れ(笑)

 

なんて、笑いながら悪びれた様子もなく言ってしまう彼女が、超カッコ悪くて超カッコいい。
自分のインタビューなんだし、もっともらしい理由付なんていくらでもできるのに、それをしない。いたって自然体。いつもの松本裕美だ。

 

 

そんな彼女のコピーをはじめて見たとき、
「紙に書かれたテキスト(文字)は動くんだ」と知った。

 

ストーリーテリングの巧みさ、言葉の選び方とリズムの良さ。
いつでも、彼女本来のスタイルと世界観を感じる。
そう、この“温度差”なのだ。

 

仕事のライティングは真剣勝負。
絶えず新しいことに目を向けて、挑戦する松本裕美。
でも、その本性はただの「クリエイター」?

今回のインタビューで見えたのは、仕事と向き合うときの緊張感とは打って変わった力の抜け具合。それは、次なる飛躍のためのウォーミングアップ?
彼女は笑って「そんなことないよ~」って言いそうだ。

 

Written by Oshima