【お仕事紹介】リモートで完結!セミナーチラシ制作のご依頼をいただきました

こんにちは。
JAMSTORE 大島です。

11月10(金)に大阪で行われた「子連れ決算会」には参加できませんでしたが、
私、大島はJAMSTOREにおいて完全リモート(在宅)でお仕事をさせていただいている
数少ないメンバーの1人でございます!

友人や知人に「在宅で仕事をしている」というと、
「何それ?」「どうやってやるの?」
といった反応をもらうこともしばしば(苦笑)
最近では「在宅ワーク」「リモートワーク」という言葉も
だいぶ浸透してきたよねーと思っていましたが、
実際にはまだまだ不透明な部分が多く、
何をしているのか分からないという方がいるのも事実。

そこで。
在宅でのお仕事が一体どんなものなのか?
どのようにして進めているのか?

少しでもイメージしてもらえるよう、いただいたお仕事をご紹介しつつ、
在宅ワークという働き方についてお伝えしていければと思っています。

 

セミナーチラシのご依頼

在宅ワークお仕事紹介の第一回目となる今回は
ルートアンドアクティベーション様」からいただいた
セミナーチラシ制作(A4サイズ)のお仕事について書いていきます!

まず、ルートアンドアクティベーション様がどんな会社か説明させていただきますと……
「「食」でつなぐ、「食」を拡げる、「食」を創造する」を企業理念として、
様々なカタチで飲食店の販促をサポートされている会社です。

飲食店オーナーや経営者から、フードビジネス関係者、メディア関係者、
外食トレンドに敏感なグルメブロガーまで幅広い層の顧客をお持ちなのです。

数あるお仕事の1つとしてオーナー様向けの無料セミナーを
定期的に開催されているのですが、今回は11月15日に開催された
セミナーチラシ制作のご依頼をいただきました。

先にお見せしますと、完成したチラシが▼こちら▼です。
※本セミナーは終了しております※

無料セミナーとは言うものの、毎回豪華な講師陣を迎えてのセミナーで、
飲食業界で知らない人はいないだろうという方々ばかりです!
大島、緊張しました(汗)

 

ライターとデザイナーにアサイン!

メールでいただいた講師の方のプロフィールを簡潔にまとめたり、
セミナー見出しやサブタイトル案などを考えて、お客様へご提案します。
今回は大島が適任だと思うライターへお願いしました。

ほぼ同時進行で、お客様からいただいた過去セミナーの資料を元に
ご希望のデザインや方向性などを詰め、決定した内容でデザイナーに
ラフ案を作成してもらいます。

大島のざっくりとした構成指示にもかかわらず、しっかりとラフ案をあげてきてくれる
デザイナー陣にはいつも頭が上がりません!

 

セミナーのラフ案が完成

で、完成したラフ案が▼こちら▼

もうほぼ完成ですね!

このあと、細かい部分をお客様と相談しながら仕上げていきます。

特に「数字」「お名前」関係は間違いのないよう、確認しなければいけません。

いよいよ納品!

最後に、校正(誤字脱字チェック)、レイアウトの確認をおこない、納品です。

今回はお客様のご希望によりPowerPoint(PDFも添付)で納品させていただきました。
ご担当の方にもたくさんご協力いただき、ステキなチラシができたと思います!
ありがとうございます!

 

ご依頼~納品まで、完全リモートで

ご依頼を受けてから納品まで一度も顔を合わせることなく、すべてリモートで行いました。

そんなことを言うと、不安に思われるかもしれませんが、
お仕事の流れとしては対面とそう変わりはありません。

普段はchatwork(クラウド会議室)を活用しながら
お仕事を進めていくのですが、必要に応じてSkype(スカイプ)や
ZOOM(ズーム)といったビデオ通話のできるツールを使用しています。

言葉だけではどうしても限界がありますので、
音声、またはお顔合わせてすり合わせをすることで
よりスピーディーに、具体的にお仕事を進めることができています。

 

とは言え、一番大切なのは……

どんなに便利なツールを使えても、
やはり大切になるのはお客様とのコミュニケーションであり、
社内での報連相です。ツールだけ使えても意味がないんです!(切実)

在宅で仕事をしていると、本当にそう思います。
必要なときに、適したツールを使ってやり取りをするというのも
お仕事を円滑に進めるためのポイントになってくるのです。

上に挙げたツールを普段どのように使っているのかは、
また別の機会にお見せできればと思っていますのでどうぞお楽しみに!

大島でした。

 

今回ご協力いただいたルートアンドアクティベーション様のサイトはこちら

 

iQiPlus
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。