no-image

いろいろな思いを抱える子どもたちの、もうひとつの居場所「子どもキッチンカー食堂」が緑橋に。

こんにちは!JAMSTOREスタッフの大嶋です。この度、新たに居場所事業「子どもキッチンカー食堂」を開始することになりましたので、ご紹介いたします。

子どもキッチンカー食堂を「もうひとつの居場所」に

「子どもキッチンカー食堂」は、JAMSTORE内のフリースペースを使った居場所事業です。
お昼にはキッチンカーの「WOW FOOD JAM」店主がやってきて、ランチを提供。生徒の皆さんと一緒に調理を楽しんだり、簡単なDIYも楽しめるおけいこタイムも予定しています。
ここでいろいろな思いを抱える子どもたちに、「こんな選択肢もあるよ」「こんな方法もあるよ」なんて問いかけながら、いろんな選択肢を一緒に見つけていきたいと考えています。

いろいろな思いを抱える子どもたちって?

個性や環境など、いろんな事情でうまく学校に馴染めない小・中・高校生のみなさんや、療育を終え、次のステップを模索している方にとっての居場所となれるよう、この居場所を作りました。
通ってくださる生徒さんだけでなく、親御さんとの語り合いの時間も大切にしていきたいと考えています。

一日の基本スケジュール

8:30~12:00▶自由時間

本を読んだり、宿題をしたり、お喋りをしたり。自分のやりたいことを“自分で選んで”する時間です。

12:00~13:00▶ランチ調理~飲食

お昼ごはんは、おにぎりや焼きそばなど、子どもたちと一緒にライトミールを調理。チューター、スタッフと一緒にいただきます

13:00~13:45▶おけいこタイム

簡単なDIYや料理など、チューターと一緒にものづくりを楽しみ、学ぶ時間にしたいと考えています。

講師・チューター例)

・安岡美和|なないろ助産院 院長・助産師/チャイルドコーチングアドバイザー

・市位康時|キッチンカー「WOW FOOD JAM」店主 ほか

・松本裕美|コピーライター/クリエイティブディレクター/株式会社JAMSTORE代表取締役 

 

13:45~15:00▶一日の活動報告~帰宅(お迎え)

みんなで片付けをして、帰宅(またはお迎え)します。

※フリースペースの開放曜日は、毎週月曜日です

私たちの願い

この場所で過ごす時間が、いまいろいろな思いを抱える子どもたちにとって、自立や気付きへのきっかけになれば嬉しい……。そんな思いで始めたプロジェクトです。

まずは朝起きる、家の外に出る、そんな小さな「できた!」を見つけることからでいい。「できた!」は、必ず「楽しい!」につながっていくから。

小さくても、たくさんの「楽しい!」を感じてもらえるように。前を向く子どもたちの居場所であり、応援団であり、やりたいことを諦めなくていい場所を目指しています。

子どもキッチンカー食堂の資料は現在作成中です

チケットはこちらからご購入いただけます。

以下のQRコードからもご確認いただけます!